So-net無料ブログ作成

ガス人間第1号 [観察]

10年くらい前になっちゃうのでしょうか。
当時つきあってた人が「千と千尋の神隠し」を見て
自分はカオナシに似てるとつぶやいてた。
好きだってことを口に出せずに、
でも好きな人のために何かしようとして
空回りしてるところが似てるって。
私はその言葉が忘れられなくて、
別れた今でも「あの人は本当は私のこと好きだけど
伝えられないだけじゃないか」と思ってしまうことがある。
あの人は「他に好きな人がいる」と素直に言ってくれたし、
私とは「恋人という関係になれない」と突き放してくれたので、
もうそういうカンチガイはしちゃいけないんだけど、
やっぱり一緒にいて一番楽しかったし、一生無条件で愛せる人だと思うから、
夜中独りで寂しくなっちゃった時、
まだカオナシのように近くにいるのかもって夢を見てしまうのです。
違うとわかっていても、定期的にそんな思いが襲ってくる。
この脳を洗い流してしまいたい。
ああ、ドラえもんがいたら!

 
なんでそんなカオナシのことを思い出したかというと、
シアタークリエでやってる「ガス人間第1号」を観たからであります。敬礼。
なんで観たかというと山ちゃんが出ているからであります。最敬礼。
2日目の夜公演。前から2列目。
役者さんが近くてちょっと怖かった。
芸人さんと役者さんはやっぱり存在感というか気迫が違うんだね。

「ガス人間第1号」はもともと1960年に公開された東宝映画で、
「ゴジラ」と並ぶ傑作と言われているそうです。
知らんかった。
さっき調べたら、舞台は映画の話を現代版にアレンジされていて、
エンディングも新たに加えられているようでした。
原作がある作品にありがちな無理矢理なところもなく、
逆に今の世の中の嫌な部分を冷静に描いていてすごく面白くなっていたのでは。

 
10年前にバンドを解散し、表舞台から消えた歌手の藤田千代。
千代の復帰を邪魔する人々をガス人間が次々と殺していく。という話。
千代もガス人間のやってることは知っているんですよ。
途中、千代の側近(アレンジャー)であるおじいさんが
「千代が命を救ったネコが恩返しに毎晩殺したネズミを持ってきていた」っていう話をして
「ネズミだって生きているんだぞ」と千代たちをやんわりと諭すのです。
その喩えで、ガス人間のやってることの中には「彼なりの正義」と「世間一般の悪」があるんだなとか
いろんなことがパッと見えてくるのですが、
同時に私の中でカオナシのこととか、自分もそのネコと同じなんじゃないかってこととかが
ゆっくりと見えてきてしまったのです。ギャー。

終わったらひつじ屋でカレーを食べようと思っていたのに、食べる気力もなく。
いつもどおりに呼吸もできない状態。
良い舞台を観ると、こんな副作用があるんですね。
たぶん私だけなんだろうけど。


そんなこんなもありつつ、もう一回観たいと思ってしまった。
んで、さっき、ファミマで千秋楽のチケット買ってもうた。

山ちゃんが1ヶ月間がんばれますように。
その前に私が弱りきってしまいませんように。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

アルバイト急募

痴女・巨乳・癒し系の手コキをお楽しみ下さい(*´д`)ノ http://www.fgn.asia/
by アルバイト急募 (2012-08-02 07:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。