So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事に夢を求めない、のところに何て書いてあったっけ [読書]

アイドルオタクの間で人気の職業は地方公務員なんだって。
それをどこかで聞いて、なるほどと思った。うちの従兄も地方公務員。
アイドル好きか知らないけど、そんなオーラが出てる。
地方公務員は土日休めるし、残業もほとんどないし、給料もそこそこもらえるし
(部署によって相当違うけど。従兄は残業ばっかりだそうです。)
アイドルのイベントに出なきゃいけない人たちには良い仕事なんだろうな。

趣味をメインに生きるなら、仕事なんて手段でしかないってことが
仕事好きの私にとってはちょっと新鮮だった。

この前、メンタル面で弱ってる友達に
「仕事が特に楽しくもない。かと言って嫌なこともない」みたいなことを言われた時、
それを思い出して、アイドルオタクみたいに趣味がみつかるといいねと言った。

でも今日、本を読んでて、趣味探しみたいになっちゃっても困るのかもしれないと思った。
趣味がなくて焦るとか、飽きたのに止めるのが怖いとかね。
そんなんなるのかわかんないけど。


 
香山リカ著「しがみつかない生き方」。
この人の本、わざとなのかなんなのか、結論がわかりにくい。
章立てになってても、章の中の話の筋がごちゃごちゃしてんの。
全体を通して言いたいこともよくわかんないし。
まあ、人のことは言えないんですけど。
まあ、私が頭悪いだけかもしんないんですけど。

 
この本の中に「仕事に夢を求めない」とか
「生まれた意味を問わない」とかいう章がある。
これを読んでラクになる人ってけっこういるんだろうね。
私は特にピンとこなかったんだけど。

でも読書が無駄だったわけじゃないんだな。
「神経言語プログラミング」とかいう理論の「タイムライン」の話は興味深かった。
もっと詳しい本を読みたいような気がする。
あと、「『生まれた理由、目的』には“賞味期限”があるようだ。」っていう文に納得。
なんかそれだけ。
あとは何書いてあったかおぼえてないくらい。
面白くない?いいえ、私の脳が溶けてるんです。きっと。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。